Microsoft Defender for Endpoint SoC サービス

Microsoft Defeder for Endpoint SOC サービスは、Microsoft Defender for Endpoint のアラートを常時監視するセキュリティ運用サービス(SOC:Security Operation Center)です。SOCの専門家による基準で脅威を判定し、お客様にエスカレーションを行います。セキュリティの脅威判定基準を統一することで、一貫したセキュリティ運用が可能となります。

※SOC:企業のシステムやネットワークを24時間・365日体制で監視する組織

よくあるお悩みMicrosoft Defender for Endpoint 導入後のセキュリティ運用で悩んでいませんか?

Microsoft Defender for Endpoint は、エージェントレスのEDR(Endpoint Detection for Endpoint)機能です。EDRは、PCやスマートデバイスなどの個々のデバイスの挙動(ふるまい)を検知して、分析します。これにより、従来のウイルス対策ソフトでは、検知できなかったサイバー攻撃に対していち早く対策を講じることが可能となります。しかし、ソフトを有効化するだけでは強固なセキュリティを実現することはできません。

Microsoft Defender for Endpoint を導入したが、アラートが多く対応に追われている

高度化かつ巧妙化するサイバー攻撃が増え、企業や組織に影響を与えるセキュリティの脅威も増加しています。脅威が増えたことで、EDR機能「Microsoft Defender for Endpoint」からのアラートも多くなり、セキュリティの担当者はアラートの確認および対応に追われています。その結果、アラーの対応作業に時間を割き、本来の業務に集中できなくなってきています。

アラートやログを見ても、対処すべき脅威がわからない

EDRは、エンドポイント端末の挙動を記録するため、検出されるアラートや出力されるログが多くなります。必要なアラートがわからない、ログをどのように読み解けばいいのかわからなく、対処すべき対象がわからないこともあります。

セキュリティの知見のある人材がいない

サイバー攻撃などの脅威が高度し、セキュリティの業務も環境の変化により求められる知識や経験も複雑かつ多様化してきています。高度なセキュリティに対抗するセキュリティの知識を持つ人材不足が課題の企業や組織は少なくありません。

解決策SOCサービスを提供しているパートナー企業と連携する

ソフトクリエイトには、経験豊富なセキュリティエンジニアが在籍しており、大企業レベルのセキュリティ運用・監視を提供しておりますので、Microsoft Defender for Endpoint 導入後の運用もご支援可能です。

Microsoft Defender for Endpoint SoCサービスは、セキュリティエンジニアによる24時間365日監視を行います。SOC エンジンにより、脅威を検知して、セキュリティエンジニアに通知します。セキュリティエンジニアを脅威レベルを確認し、お客様に通知いたします。お客様は必要に応じてメールで問い合わせいただくことも可能です。 セキュリティ対策の人材不足やコスト面で、自力運用の限界を感じている企業にも、大企業レベルのセキュリティ運用・監視を提供いたします。

Security FREE

Security FREE は、中堅・中小企業の悩みの根本にあるセキュリティ運用における「出来ない」「足りない」「かけられない」を解消するソフトクリエイトが提供する SOC サービスです。 Microoft Defender for Endopoint をはじめとしたセキュリティ製品のセキュリティ運用を行います。

導入効果セキュリティの専門家による運用でエンドポイントへの監視体制を構築

Microsoft Defender for Endpoint により端末などのエンドポイントを24時間365日監視することで、セキュリティ対策が強化できます。セキュリティの脅威レベルが高い場合には、セキュリティエンジニアがお客様にアラートを通知します。お客様は、通知されたアラートで対策を検討できます。不安な場合には、セキュリティエンジニアに相談できるので、適切な対処が行えます。SOCを利用することで、セキュリティ運用における効率化を実現し、より情シス業務に集中可能な体制が構築できます。

セキュリティ運用の体制を強化

巧妙化するサイバー攻撃に遭わないために検知やログの分析を行う必要がありますが、IT部門の人材不足、セキュリティに知見のある人材がなどの課題がある場合でも、自社内に設置せずともセキュリティの運用をアウトソースすることで、運用における体制を強化できます。IT部門や情報システムの担当者は、その分、業務に集中できるので、効率化が実現できます。

インシデント発生時の調査・対応にかかる時間を大幅に短縮

Microsoft Defender for Endpoint により通知されるアラートが多くても、セキュリティエンジニアにより対処すべき脅威がわかるので、調査や対応にかかる時間が短縮できます。
インシデントが発生しても、セキュリティエンジニアによるアドバイスで適切な対処が行えます。

セキュリティ対策の強化と運用効率化を両立

SOCをアウトソースし、セキュリティの専門家により24時間365日監視されるので、セキュリティ運用が効率化できます。また、専門家による高度分析でより高いセキュリティ対策が可能になります。

関連サービス

費用

  • ※お気軽にご相談ください。
  • Micorosoft 365 伴走支援サービス
  • Azure AD 移行支援サービス
  • 中堅中小企業に効く!“早わかり”Azure AD の4つのメリット
  • ソフクリ365倶楽部
お問い合わせ

ご予算や事業規模にあった製品の選び方から
導入サポートまで分かりやすくご案内いたします

資料ダウンロード

特長や実績をまとめたPDFです。

お電話でのお問い合わせ

大小問わず不明な点は何でもお尋ねください。

03-3486-1520(受付時間 / 平日9:00~18:00)
フォームでのお問い合わせ

24時間365日受付、
約2営業日以内に返信します。

  • IT資産管理ツールクラウド