Exchange Online 導入支援サービス

Exchange Online は、マイクロソフトが提供するクラウド型のメールサービスです。オンプレスでメールサーバを運用するより低コストで信頼性の高いメールシステムが利用できます。また、Exchange Online は、情報の保護に役立つ高度なメールセキュリティを備えています。

Exchange Online 導入支援サービスは、Exchange Online の新規導入や、既存のメールシステムからの切り替えにあたって、事前調査、設計、設定、移行や運用までをトータルでご支援いたします。オンプレミスのメールサーバからの移行に加え、他社クラウドメールシステムからの切り替えにも対応しております。
Exchange Online をはじめとするオンプレやクラウドサービスのメールシステム導入を豊富な経験と知見を持つエンジニアが支援いたします。

よくあるお悩み既存メールシステムの運用で悩んでいませんか?

テレワーク環境の整備やBCP 対策を目的にクラウドメールサービスを利用する企業が増えています。 オンプレのメールシステムの運用や活用方法について、下記のような課題が多く見受けられます。

課題

会社に戻らないとメールが確認できない

オンプレミスでメールシステムを構築している場合、社内のネットワーク環境でしかメールを利用できません。コロナ禍によりテレワークが推進され、社内外のどこからでも利用可能なメールシステムが必要となっています。メールシステムをクラウドに移行したい、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスなどの端末からでもメールを利用できるようにして、生産性を向上したいなどの課題をお待ちではありませんか。

オンプレのメールサーバの運用に負荷がかかっている

オンプレミスで構築したメールシステムのサーバの運用は、情報システム部門にとって負荷の高い業務です。オンプレミスで構築したファイルサーバなどのサーバと同様にバージョンアップ、更新プログラムの適用やセキュリティ対策などを行う必要があり、運用の負荷が高くなっています。クラウドサービスのメールを利用して、メールサーバの運用業務の負荷を軽減したいと考えていませんか?

既存のメールシステムから移行できるか不安

オンプレミスで構築されたメールシステムは、設計資料などが残されておらず、ブラックボックス化されているケースが多く見受けられます。この理由により、別のメールシステムやクラウドメールシステムへの更改が進まないのではないでしょうか。利用者に負担をかけずにメールシステムをクラウドサービスへスムーズに移行したい。

メールシステムのセキュリティに不安がある

クラウド型のメールシステムは、インターネット環境で利用するため、オンプレミスのメールシステムとは、異なるリスクがあると考えられます。
IDとパスワードを知っていれば、誰でもログインできるため、不正に利用された場合、情報漏えいや改ざんなどのリスクが伴います。また、オンプレミスのメールシステムと同様にメール内の不審なリンクや添付ファイルからウィルスに感染してしまうリスクもあります。これらのリスクに対抗するためには、セキュリティ対策・強化を行うことが重要です。

解決策Exchange Online の導入・移行実績が豊富なパートナーを得る

メールシステムをクラウド化し、Exchange Online を利用することで、どこからでも安全にメールを確認できる環境が整います。また、クラウド上のストレージが利用できるため、端末の容量を圧迫することもありません。
マルウェア、スパムやその他メールの脅威から守るフィルタリング機能により保護されます。メール対策Exchange Online は、マルウェア対策やスパム対策のフィルタリング機能など、高度なセキュリティ機能が標準で利用できます。

オンプレミスのメールシステムや他のクラウドサービスから Exchange Online へ更改を行う場合には、事前準備を行うことが重要です。
Exchange Online 導入支援サービスでは、既存メールシステムの調査、ご利用いただくための設計および設定、メールデータの移行など、フェーズごとに必要なご支援を行います。また、導入後の運用も併せてご支援可能ですので、導入後も安心してご利用いただけます。

Exchange Online 導入支援サービスの流れ

移行前に既存のメールシステム環境を調査して移行計画を立てる

既存のメールシステムの調査を行います。既存環境をしっかり調査することによって、移行前後のギャップを抑えることが出来き、Exchange Onlinle 設定やメールデータの移行などをスムーズに行うことができます。

事前準備を行い、Exchange Online にメールサーバを切り替える

アカウントの作成や登録、ライセンスの付与、ドメイン設定などの事前準備を行います。メールサーバの切り替え、DNSレコードの登録、メールデータの移行なども支援いたしますので、データ損失のリスクや移行作業の作業負荷を低減して、既存のメールシステムから Exchange Online に変更することができます。

管理者トレーニングを実施して、運用に向けたフォローアップを実施する

Exchange Online 導入後の運用を問題なく推進するため、導入前には、管理者向けのトレーニングを行います。また、管理者向けの運用手順書を作成し、FAQによる運用開始支援を行います。

導入効果メールシステムのクラウド化で、いつでも・どこでも・どんなデバイスからでもメールが利用可能

Exchange Online の導入し、メールシステムをクラウドすることで、社内外の場所を問わずにメールを確認することができるようになります。メールの確認、返信するためだけに帰社する必要がなくなり、生産性の向上に寄与します。また、マイクロソフト社が提供するクラウド上でメールデータを確実に保全できます。

Exchange Online 導入支援サービスは、既存メールシステムの調査、移行計画の策定、ご利用いただくための設計および設定、メールデータの移行など、フェーズごとに必要なご支援を行いますので、計画的で確実なメール環境を移行できます。

最小限のリスクで既存メールシステムから切替できる

既存のメールシステムの調査を事前にしっかり行うことで、既存メールシステムから Exchage Online への切替を行うことができます。

導入後の運用もスムーズに行える

管理者向けにトレーニングを実施し、Exchange Onlineの運用に関する理解を深めることで、運用もスムーズに行えます。FAQによるサポートも実施致します。

リモートワークでもメールを確認できる環境が構築できる

Exchage Online は、クラウド型のメールシステムのため、どこからでもどんな端末からでもメールが利用できます。また、アプリケーションやブラウザなどからも利用できます。

迷惑メールが減少し、セキュリティが向上する

スパムメールやマルウェアから情報を保護する高度なメールセキュリティが標準で備わっていますので、多様化するサイバー攻撃によるビジネス機会損失などのリスクが低減できます。

導入プロセス新規導入・既存メールシステムからの移行を運用支援までサポートいたします。

既存メールシステムの調査

既存メールシステムの調査・ヒアリングを行います。

設計

Exchange Online への移行設計を行います。(※移行する場合)

事前準備

アカウントの作成や登録、ライセンス付与などの設定作業を行います。

移行

メールサーバの切り替え、メールデータの移行などを行います。

運用支援

管理者トレーニング、管理者向け運用手順書、FAQによる運用開始支援を行います。

関連サービス

費用

  • 営業担当者までご連絡をお願いいたします。
  • Micorosoft 365 伴走支援サービス
  • Azure AD 移行支援サービス
  • 中堅中小企業に効く!“早わかり”Azure AD の4つのメリット
  • ソフクリ365倶楽部
お問い合わせ

ご予算や事業規模にあった製品の選び方から
導入サポートまで分かりやすくご案内いたします

資料ダウンロード

特長や実績をまとめたPDFです。

お電話でのお問い合わせ

大小問わず不明な点は何でもお尋ねください。

03-3486-1520(受付時間 / 平日9:00~18:00)
フォームでのお問い合わせ

24時間365日受付、
約2営業日以内に返信します。

  • IT資産管理ツールクラウド