Gateway(UTM)

よくあるお悩みこんなことで悩んでいませんか?

  • 入口対策を実現したいが、運用負荷が高くなるのは困る
  • 既存の環境に変更することなく、メールのセキュリティ対策を強化したい
  • メールの誤送信が増えてきたので、負荷をかけずに誤送信対策を行いたい

解決策Unified Threat Management(UTM)の導入により、複数のセキュリティ機能を統合す ることができます

Unified Threat Management(UTM)は、次世代ファイアウォールとも呼ばれ、インターネットとの接続に関連する複数のセキュリティ機能を統合的に提供するアプライアンスで す。UTMの導入をトータルでご支援いたします。

1. 標的型攻撃対策をクラウドで手軽に実現します

入口対策となるゲートウェイがクラウドサービスで利用できます。

2. メールのセキュリティ対策をクラウドで実現します

メール暗号化、メールアーカイブの機能をクラウドサービスで利用可能です。

3. アカウント数は無制限で利用できます

メール暗号化、メールアーカイブはアカウント数に制限なく利用できます。

■UTMの必要性

インターネットが普及した今、企業の規模に関係なく、インターネットが活用されています。 インターネット上で情報を検索したり、コーポレイトサイトなどのWebサイトを活用した情報発信を行っています。インターネットを活用する上でかかせないのがセキュリティの 確保です。企業内にあるインターネットに接続するさまざまな端末をセキュリティの脅威から効率的に守ることができるのがUTMです。

業務で利用するデータやシステムを持つ端末でインターネットに接続する場合、UTMの必 要性は高くなります。

■ファイアウォールとの違い

インターネットの出口に設置する点では、ファイアウォールと変わりません。ファイアウォールは、内部からの通信をほぼすべて許可しているのに対し、UTMは、内部から外部に 対しての通信も監視しています。内部から外部に対しての通信を監視することで、PC内へ不正に侵入・潜伏する仕組みを持つマルウェアが設置されても不正なアクセスをブロックします。

導入効果導入効果

  • 複数のセキュリティ対策機能が搭載されているため、運用負荷を軽減できます
  • 導入のための工事が不要で比較的簡単に導入が可能です
  • 単一の機器のため、トラブル時に切り分けが容易になります

導入プロセス導入プロセス

お打ち合わせ・ヒアリング
ご提案・お見積り
環境構築
運用・保守支援

ラインアップ

  • Fotigate
  • Firebox
  • PRIME GATE

関連サービス

費用

営業担当までご連絡ください。

お問い合わせ

ご予算や事業規模にあった製品の選び方から
導入サポートまで分かりやすくご案内いたします

資料ダウンロード

特長や実績をまとめたPDFです。

お電話でのお問い合わせ

大小問わず不明な点は何でもお尋ねください。

03-3486-1520(受付時間 / 平日9:00~18:00)
フォームでのお問い合わせ

24時間365日受付、
約2営業日以内に返信します。

  • IT資産管理ツールクラウド