情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Microsoft Loop を有効化するよ。(パブリック プレビュー)

Microsoft Loop
情報屋ヤマグチのタレコミ
人気記事
この記事の内容
Microsoft Loop を有効化するよ。(パブリック プレビュー)

どうも、株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

Microsoft Loop は、チームワークを強化するための新しいプラットフォームです。Loop では、コンテンツと会話を統合したループコンポーネントと呼ばれるモジュールを作成して共有するツールで、作成したループコンポーネントは、メール、チャット、ドキュメントなどのさまざまなアプリケーションで使用することが可能です。

※Microsoft Loop は、まだプレビュー中の機能ですので、将来的なプランや価格等についてもまだ公式に公開されていません。また、機能的にも同様で、プレビュー中の機能ですのでご理解の上でお試し下さい。

※Teams のグループチャットに LOOP コンポーネントを追加するとこんな感じです。

LOOP

OneNote でもよくない? Planner でもよくない?とか、諸々感じる部分が多いですが、色々なアプリに組み込んで、リアルタイムにタスクやアクション、アイデアを管理するのに向いています。

Microsoft Loop を有効化するよ。(パブリック プレビュー)

Microsoft Loop は、今時点だと、Microsoft 365 テナントでの機能の有効化が必須となりまして、今回の投稿では、その有効化方法をご案内したいと思います。

まずは、Microsoft Loop の機能を有効化する対象を管理するためのセキュリティグループを作成します。既に作成済みの情報システムグループ等のセキュリティグループをそのまま、ご利用いただく場合には、手順の"8."に移動し、以降の手順を実行してください。

1.Microsoft 365 管理センターの「チームとグループ」-「アクティブなチームとグループ」画面にアクセスし、「+グループの追加」をクリックします。

グループの追加

2.グループの種類の選択画面にて、「セキュリティ」を選択し、「次へ」をクリックします。

セキュリティ

3.作成するセキュリティグループの名前を設定し、「次へ」をクリックします。

次へ

4.「次へ」をクリックします。

次へ

5.作成するセキュリティグループの内容を確認し、「グループを作成」クリックします。

グループを作成

6.「閉じる」をクリックします。

閉じる

7.作成したセキュリティグループに Microsoft Loop の利用を許可するユーザーをメンバーとして追加します。

メンバーとして追加

8.以下の URL より、Microsoft 365 Apps admin center にアクセスし、「サインイン」をクリックします。

https://config.office.com/

サインイン

Microsoft 365 Apps admin centerとは?

Microsoft 365 Apps の管理者が、組織内のユーザーに対して、Microsoft 365 Apps のインストールや更新を管理するためのクラウドサービスです。

  • Microsoft 365 Office アプリのインストールパッケージを作成し、ユーザーに配布する。
  • Microsoft 365 Office アプリのポリシーをクラウドサービスで構成する。
  • Microsoft 365 Office アプリの更新チャネルや更新頻度を設定する。
  • Microsoft 365 Office アプリの品質や信頼性に関するレポートを閲覧する。

9.「Microsoft 365 クラウドポリシーに移動」をクリックします。

クラウドポリシーに移動

10.「作成」をクリックします。

作成

11.作成するポリシーの任意の名前を設定し、「次」をクリックします。

次

12.セキュリティグループの検索欄にて、ポリシーを割り当てるセキュリティグループを検索および選択し、「保存」をクリックします。

保存

13.ポリシーを割り当てるセキュリティグループを確認し、「次」をクリックします。

次

14.設定の構成の一覧のフィルターに「Loop」を入力し、Microsoft Loop の有効化に必要となる3つのポリシーを表示し、各設定を有効化します。

入力

表示

有効化

適用

15.「次」をクリックします。

次

16.構成内容を確認し、「作成」をクリックします。

作成

17.作成されたことを確認し、「完了」をクリックします。

完了

18.ポリシーが追加されていることを確認します。

確認

以下の URL をクリックして、Microsoft Loop のサイトにアクセスします。(同画面が表示されない場合には、1~2時間程度時間を空けてアクセスしてみてください。)

https://loop.microsoft.com/

Loop のサイト

ポリシー割り当て外のユーザーまたは、ポリシーが反映されていない状況で、Microsoft Loop にアクセスすると以下のような画面が表示されます。

画面表示

参考)
https://learn.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/manage-loop-components

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら