情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Stream (クラシック) から移行に必要なデータを分析する。

Microsoft 365
Stream
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
Stream (クラシック) から移行に必要なデータを分析する。

株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 情報屋の山口です。

さて、Stream (クラシック) の廃止に向けた対応の最初のステップとしては Stream (クラシック) に存在するコンテナーと種類、各コンテナーに格納された動画データ数、サイズの分析を行います。

Stream (クラシック) から移行に必要なデータを分析する。

1.Microsoft 365 管理センターの「SharePoint」をクリックします。

SharePoint

2.SharePoint 管理センターにアクセスしたら、「移行」をクリックします。

移行

3.Stream (クラシック) にて、検出されたコンテナーの一覧が表示されます。

一覧

この一覧上で、把握するべきコンテナーの種類は4つ(孤立とかもありますが、退職者のデータなので移行必要なのか、うーん・・)となり、このうち、移行先の指定が必要なコンテナー上のデータの移行先を考えたり、調整したり、諦めたりが必要となりますね。

コンテナーの種類 コンテナーの種類の意味 移行先
全社チャネル 全体チャネルで共有している動画 ※移行先の指定が必要
Microsoft 365 グループ
※SharePoint Online や Microsoft Teams と連動しているグループ
Microsoft Teams または SharePoint サイトに格納された動画。Microsoft 365 グループが所有権を持つ。 既定の移行先として、Microsoft 365 グループの SharePoint サイトが指定される
※所有権が複数の場合には、最初に所有権を持つ Microsoft 365 グループが優先される
ストリームグループ
※ビデオを整理したり、ビデオへのアクセスを制御するためのグループで、Microsoft 365 グループとも連動している
ストリームグループで共有された動画。ユーザーグループが所有権を持つ。 ※移行先の指定が必要
ユーザーコンテンツ ユーザーが所有する動画 既定の移行先として、各ユーザーの OneDrive for Business が指定される
※所有権が複数の場合には、最初に動画をアップロードしたユーザーの OneDrive が優先される

各コンテナーの分析は、対象のコンテナーを選択して、「スキャン」操作で実行できます。スキャン結果からは、スキャンされたファイル数、データサイズが把握できます。

分析

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら