情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

MDCA で、Office 365 アプリを接続して、監査やファイルアクティビティを可視化する。

Microsoft 365
Microsoft Defender for Cloud Apps
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
1.コンプライアンスセンターで、ユーザーと管理者のアクティビティの記録を開始する。
2.セキュリティセンターで、ファイル監視の有効化を行う。
3.Microsoft Defender for Cloud Apps と Office 365 を接続する。

どうも、株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 の山口です。

Microsoft Defender for Cloud Apps を契約した場合、最初に何をすれば良いの?という状況になることが多いと思います。

今回の投稿では、Microsoft Defender for Cloud Apps の利用を開始する最初の対応として、Microsoft Defender for Cloud Apps への Office365 の接続方法をご案内します。

本対応を実施することで、Office 365 関連の管理およびユーザーアクティビティを Microsoft Defender for Cloud Apps 上で確認可能となります。

1.コンプライアンスセンターで、ユーザーと管理者のアクティビティの記録を開始する。

Microsoft 365 管理センター →「コンプライアンス」をクリックし、コンプライアンスセンターにアクセスします。

コンプライアンスセンターにアクセス

・「監査」ページを確認し、アクティビティの記録が開始されていない場合には、"ユーザーと管理者のアクティビティの記録を開始する。"をクリックして、機能を有効化します。

ユーザーと管理者のアクティビティの記録を開始する

・「監査」ページでアクティビティの監視が開始されている場合は、以下のキャプチャのようになります。
※追加作業不要

監視が開始されている

2.セキュリティセンターで、ファイル監視の有効化を行う。

1.Microsoft 365 管理センター →「セキュリティ」をクリックし、セキュリティセンターにアクセスします。

2.「設定」-「クラウドアプリ」-「ファイル」にアクセスする。

3.「ファイル監視を有効にする」にチェックを入れ「保存」をクリックする。

ファイル監視を有効にする

3.Microsoft Defender for Cloud Apps と Office 365 を接続する。

1.セキュリティセンターの「その他のリソース」-"Microsoft Defnder for Cloud Apps"の「開く」をクリックします。

開く

2.「Office 365」のアプリコネクタ横の「・・・」をクリックし、「設定の編集」をクリックします。
※「Office 365」アプリが存在しない場合には、「+アプリを接続」-「Office 365」より、接続操作を実施します。

設定の編集

3.「Azure AD 管理イベント」、「Azure AD サインイン イベント」、「Azure AD アプリ」、「Office 365 アクティビティ」、「Office 365 ファイル」にチェックを入れ、「接続」をクリックします。

接続

4."Office 365 が接続されました"のメッセージを確認し、「完了」をクリックします。

完了

5.同期ステータスの画面が表示されたら、「閉じる」をクリックします。

閉じる

6.接続されたアクティビティを確認する。
ここまでの手順を実施することで、Office 365 アプリの管理やユーザーアクティビティをセキュリティセンターで、確認することが可能となります。
このアクティビティについては、Office 365 以外の box, Google Workspace, Dropbox, Salesforce 等でも同様に接続操作をして、アクティビティを確認できます。

・アクティビティ(管理・ユーザー) : セキュリティセンター → [クラウドアプリ]-[アクティビティ ログ]

アクティビティ ログ

・ファイルアクティビティ : セキュリティセンター → [クラウドアプリ]-[ファイル]

ファイル ログ

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら