情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Microsoft Defender for Business のライセンス割り当てと機能の有効化&構成ウィザードの実行

Microsoft 365
Microsoft Defender for Business
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
Microsoft Defender for Business のライセンスの確認とユーザーへの割り当て
Microsoft Defender for Business の有効化と初期構成ウィザードの実行

どうも、株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

前回、Microsoft Defender for Business の概要等のお話をしましたので、今回は、
Microsoft Defender for Business のライセンス割り当てと、機能の有効化から、構成ウィザードの実施までをご案内していきます。
※ Microsoft Defender for Business のライセンスの入手については、弊社宛にご相談下さい。

Microsoft Defender for Business のライセンスの確認とユーザーへの割り当て

  1. Microsoft 365 管理センターの管理画面( https://admin.microsoft.com )に、全体管理者権限を持つユーザーでアクセスします。
    管理センターメニューの「セキュリティ」
  2. 管理センターメニューの「課金情報」-「ライセンス」をクリックします。
  3. 「Microsoft Defender for Business」ライセンスが表示されていることを確認します。
    「Microsoft Defender for Business」
  4. 「Microsoft Defender for Business」をクリックします。
  5. 「+ライセンスの割り当て」をクリックします。
    Microsoft Defender へようこそ for Business
  6. ライセンス割り当て対象のユーザー名または、メールアドレスを入力し、「割り当て」をクリックします。
    セキュリティ管理者の追加画面
  7. ライセンスの割り当て成功についてのメッセージを確認し、「×」ボタンで画面を閉じます。
    アラート通知の設定画面

Microsoft Defender for Business の有効化と初期構成ウィザードの実行

  1. Microsoft 365 管理センターの管理画面( https://admin.microsoft.com )に、全体管理者権限を持つユーザーでアクセスします。
  2. 管理センターメニューの「セキュリティ」をクリックします。
    管理センターメニューの「セキュリティ」
  3. セキュリティセンター(Microsoft 365 Defender)が表示されたら、エンドポイントメニューの「デバイスインベントリ」をクリックします。
  4. ”お待ちください。データ用の新しい領域を準備して接続しています。”と表示されたら、データ用の領域の準備が完了するまで待ちます。(目安:10~20分)
    お待ちください。データ用の新しい領域を準備して接続しています。
  5. "Microsoft Defender へようこそ for Business"の画面が表示されたら、「開始する」をクリックします。
    Microsoft Defender へようこそ for Business
  6. セキュリティ管理者の追加画面が表示されますので、「スキップ」をクリックします。
    セキュリティ管理者の追加画面
  7. アラート通知の設定画面が表示されたら、脅威検出時のアラート通知先のメールアドレス通知の種類を設定し、「メール」アイコンをクリックし、テストメールを送信します。
    • 受信者 : アラートの通知先となるユーザーメールアドレスまたは、配布グループ等
    • 通知の種類 : アラート
      ※ 通知の種類を"アラート"と選択した場合には、脅威判定レベルが、高および中レベル以上のアラートのみが、通知先に送られる動作となります。脆弱性情報含む、すべての情報を通知したい場合には、"脆弱性情報およびアラート"をご選択ください。アラート通知の設定については、構成ウィザード完了後に、セキュリティセンターの[設定]-[エンドポイント]-[メール通知]設定で変更可能です。
    アラート通知の設定画面
  8. 「テストメールが正常に送信されました」のメッセージを確認し、「続ける」をクリックします。
    ※ 通知先のメールアドレス宛に、テストメールが届いていることも、合わせてご確認ください。
    テストメールが正常に送信されました
  9. デバイスのオンボード方法の説明ページが表示されたら、「続ける」をクリックします。
    ※ デバイスのオンボード方法については、構成ウィザード完了後に、セキュリティセンターの[設定]-[エンドポイント]-[オンボーディング]の画面にて確認可能です。
    デバイスのオンボード方法の説明ページ
  10. セキュリティ設定を適用する画面が表示されたら、「続ける」をクリックします。
    セキュリティ設定を適用する画面
  11. 「送信」をクリックします。
    送信
  12. "すべで完了しました"と画面に表示されたら、「完了」をクリックします。
    すべで完了しました

次回は、Microsoft Defender for Business の Windows OS にオンボードする方法についての投稿を予定しています。

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部の Teams 投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。

関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら