情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト
セミナー

請求書のWeb化で費用の削減と作業の効率化に成功… Power Apps とRPAの活用

Power Apps
会員限定記事
DX

この記事でわかること

  • 請求書をWeb化することによるメリット。
  • Power Apps とRPAツールの活用による、基幹システムと請求システムとの連携。

ソフトクリエイトでは、これまで郵送・紙資料で行っていた請求業務をWeb化しています。その時に活用したのが、Microsoft のビジネスアプリ Power Apps とRPAツール(WinActor)です。この記事では、これまでの請求業務の課題とWeb化による解決までの流れを紹介します。

1 アナログの請求業務の限界と新たな時代の課題

しかし、基幹システム導入当時から請求書の枚数は月3,000枚に達し、取扱サービスにサブスクリプションやクラウドなどが増え、処理パターンは10パターン以上にふくらみました。現場の努力でなんとかしてきたものの、新型コロナウイルスの感染症の影響により、社会的に在宅勤務化が進むと、請求書をメールで送って欲しいという依頼が増えました。そこでソフトクリエイトでも、請求書のWeb化の検討がスタートしました。

記事の続きを読む

記事の続きを読む場合、ソフクリ365倶楽部へのログイン/会員登録(無償)が必要となります。
「続きを読む」をクリックするとログイン画面が表示されます。

はじめてご利用される方マイクロソフトアカウントまたはグーグルアカウントでログインできます。
必要事項をご入力上、会員登録をお願いいたします。

ソフクリ365倶楽部とは Microsoft 365 / Microsoft Azure の活用・定着を 目的とした 情シス担当が集まるメディア&コミュニティです。

ソフクリ365倶楽部はこちら >
関連キーワード