情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Microsoft Azureへの移行作業で的確な導入支援を受けるには?

ITインフラ
Azure
導入支援

近年、注目を集めているクラウドサービス「 Microsoft Azure 」。その自由度の高さから、オンプレミス(サーバーやソフトウェアなどの自社運用)から Microsoft Azure へ移行する企業も増えています。しかし、新規導入でも移行でも、Microsoft Azure の環境構築には難しい点があります。 ここでは、Microsoft Azure への移行作業を行う際に注意しておきたいことや、外注先に導入支援を依頼した場合の手順についてご紹介しましょう。

この記事の内容
Microsoft Azure へ移行する際の注意点
アウトソーシングによる Microsoft Azure への移行手順
Microsoft Azureの導入にはプロのノウハウを活用すべし

Microsoft Azure へ移行する際の注意点

マイクロソフトが提供するプラットフォーム Microsoft Azure は、高い柔軟性と自由度、数多くのツール群、最高レベルの高度なセキュリティ、マイクロソフトが管理するグローバルネットワーク上に設置された信頼感の高いデータセンターなど、どれをとってもクラウドサービスとしてはトップレベルです。
オンプレミスから Microsoft Azure への移行は、そのメリットを最も大きく感じられるケースでしょう。

これまでは、オンプレミスの利点として「カスタマイズ性が高い」「自社ネットワークなのでセキュリティに強い」「社内システムとの連携をとりやすい」といった点が挙げられてきましたが、Microsoft Azure の登場によって、それは過去のものとなりつつあります。
そのため、すでに多くの企業がオンプレミスからMicrosoft Azureへの移行や、導入の準備を進めています。その一方で、移行作業においては注意点やリスクもあります。それら、プラスとマイナスを知った上で移行するのが望ましいでしょう。

オンプレミスからクラウドへの移行については、自由度と柔軟性を求めて、情報システムの稼動に必要な機材やネットワークなどのインフラをクラウドサービスで行う「IaaS」を選択するケースが多いようです。しかし、IaaSの自由度の高さとは反対に、難しさが表れてしまう場合もあります。
自社だけでこれらのプロセスをすべて行えれば良いのですが、ヒューマンリソースや知識の点で不安があるという企業も多いのではないでしょうか。そこで無理をしてしまうと、移行中に思わぬトラブルが発生することも考えられます。

アウトソーシングによる Microsoft Azure への移行手順

Microsoft Azure への移行は、あれもこれもと欲張りすぎて、環境がオーバースペックになってしまうこともありえます。もちろん、スペック不足よりはいいのですが、予想の範囲を超えたオーバースペックは、コストに直接影響します。こうした点を見極めるのは、Microsoft Azure に関する知識が豊富でないと難しいでしょう。
そこでおすすめしたいのが、システム構築や保守管理などを手掛けるITサービス会社との連携です。Microsoft Azure への移行経験が豊富なITサービス会社に依頼することで、安全かつ確実に移行を実現することができます。

ではここで、Microsoft Azure への移行プロセスの例を順に見ていきましょう。現状のシステム全体や移行先のシステムの構成によって、作業内容が変わってくることはありますが、基本的な流れはほぼ変わりません。

1. 現状を調査して必要な構成を設計する

まず、現在導入されているシステムを調査します。各種機器の状況やネットワークの構成、ユーザー数やそれぞれの用途、使用されているアプリや機能などを詳細に調べた上で現状把握をします。
また、今後どのような環境が必要なのか、Microsoft Azure への移行によって何をしたいのか、解決したい問題や追加したい機能など、移行先のシステムについての要望も、もれなくヒアリングしておきます。

次に、現状とヒアリング内容を基に、クラウド上でどのようにシステムを構築すべきかを検討し、無理がある部分には代替手段を用いるなどして、全体像を設計していきます。
アウトソーシング先の会社には、ヒアリング内容を基に、設計を依頼するとスムーズでしょう。

2. 構築・動作確認

設計に従って Microsoft Azure 上にシステムを構築し、必要なツールを組み込んでいきます。各種ハードウェアも接続して、ネットワークを作ります。
データを移行した後は動作確認です。手間も時間もかかる工程ですが、ここでの確認作業を十分に行っておかないと、稼働してから思わぬトラブルが発生することもあります。現実の業務でどのように使われ、どのような操作が行われるのか。さまざまな状況を想定して、システムの動作を確認していきます。

Microsoft Azure には、実に多くのツールが用意されており、それらのツールを使う限りでは、不具合が起こる可能性はほとんどないでしょう。しかし、サードパーティ製のツールと連携させるとなると、何らかのエラーも想定されます。ですから、本スタート前の動作確認は、念には念を入れて行う必要があるのです。
アウトソーシング先の会社には、外注先のノウハウを活かし、どのようなツールを入れればいいのかなど、相談もしていきましょう。

3. システム導入後の管理と障害対策

Microsoft Azure の経験が豊富なサービス会社ならば、システム移行だけでなく、その後の管理も任せることができるでしょう。
日常的な管理に加えて障害時の対応も併せて依頼することで、障害発生時の各方面への連絡や問い合わせを一本化できます。また、障害発生時の問題の切り分けについては、豊富なノウハウを活用できます。

Microsoft Azure の導入にはプロのノウハウを活用すべし

Microsoft Azure の導入には、十分な準備が必要です。きちんとリサーチしてシステムを構築していないと、運用開始後に不具合が起こるリスクが残ります。そこで、移行作業は多くのノウハウを持つ専門家に任せるのも賢い方法でしょう。
経験豊富な外注を活用し、自社にとって最善のシステムを構築してください。

この記事に関連する情報がご覧いただけます
2020年1月14日に Windows Server 2008 / R2 が、 2019年7月9日にSQL Server 2008 / R2 のサポートが終了します。 サポートが終了した古いサーバー環境では、目まぐるしく変わるビジネス環境の変化に 迅速かつ柔軟に対応できない恐れがあります。
関連キーワード
ITインフラに関するおすすめ記事
アウトソースで監視・管理も可能!Microsoft Azure導入のメリットは?
Microsoft Azure上でもOK!WSUSの導入・保守支援をアウトソーシング
Microsoft Azureについて理解を深めたいならセミナーがおすすめ
美容室「Agu.」を展開する AB&Company、急成長を支える情シス部門とは
「技術で仲間と業界を幸せにする」ウエディングパーク