情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

ChatGPT のプラグインで Power Automate フローの作成を依頼してみた

AI
ChatGPT
Power Automate
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
STEP1:「Power Automate」プラグインのインストール
STEP2:「Power Automate」フローの作成を依頼する

株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

ChatGPT のプラグインに「Power Automate」が追加されたという Microsoft 社のリリースがでていたので、実際にフローの作成をお願いしてみました。なお、2023年9月現在、日本語は未対応のようです・・・

STEP1:「Power Automate」プラグインのインストール

まずは、準備編として、ChatGPT のプラグインを有効化します。

「Settings & Beta」をクリックします。

Settings & Beta

「ベータ機能」の「Plugins」が「オン」になっていることを確認します。

Plugins

では、プラグインをインストールしていきます。

「GPT-4」を右クリックし、「Plugins」をクリックします。

Plugins

「Plugin Store」をクリックします。

Plugin Store

プラグインの概要メニューが表示された場合には、「OK」をクリックします。

OK

プラグイン ストアの検索欄にて"Power Automate"を検索し、検索結果の Power Automate アイコンの「Install」をクリックします。

Install

アクセス許可を承諾します。

アクセス許可

「Power Automate」プラグインのアイコンが表示されることを確認します。

アイコンが表示

STEP2:「Power Automate」フローの作成を依頼する

取り敢えず、一般的なフローの作成を依頼してみます。

フローの作成

2023年9月末現在だと日本語未対応っぽいです(泣)しかし、AI が受け答えを返してくれる精度があがり、ノーコードアプリの作成も補助してくれる時代がついに始まったのかと思うと感慨深いものがありますね・・

日本語未対応

日本語未対応

English でお願いしたら、”お住まいの地域ではまだ対応してません!”みたいなお話・・・

English

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら