情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト
セミナー

サポート切れ Office から Microsoft 365 に移行…ライセンス管理を劇的改善

Microsoft 365
ライセンス
会員限定記事

この記事でわかること

  • パッケージ版 Office のライセンス管理には要注意。
  • Microsoft 365 ではライセンス管理が容易になるほか、情シスにとって数々のメリットがある。
  • 「E3」プランを選んでいる大きな理由は、セキュリティ強化のため。

Microsoft 365 への移行により、ソフトクリエイトではライセンス管理業務が大きく変化しました。本記事では、ソフトクリエイトのライセンス管理失敗談と、Microsoft 365 による改善ポイントをご紹介します。

オンプレミス時代のライセンス管理の失敗

パッケージ版の Microsoft Office のライセンス管理には、リスクが伴う――そうわかったのは2017年のことでした。

2017年以前、ソフトクリエイトでは、グループ会社全体の Office ライセンス管理を正確にできていたとは言えませんでした。例えば、A部署で購入されたライセンスをインストールし、B部署に異動になった人物のライセンスは追い切れず、放置せざるを得ない状態でした。

その結果、Microsoft 社によりライセンス違反が指摘されたのが2017年のことでした。ライセンス管理を徹底するためにも、すべてのライセンス管理を情シスが担うことになりました。

Officeのクラウド化で全ライセンス管理へ

記事の続きを読む

記事の続きを読む場合、ソフクリ365倶楽部へのログイン/会員登録(無償)が必要となります。
「続きを読む」をクリックするとログイン画面が表示されます。

はじめてご利用される方 マイクロソフトアカウントまたはグーグルアカウントでログインできます。
必要事項をご入力上、会員登録をお願いいたします。

ソフクリ365倶楽部とは Microsoft 365 / Microsoft Azure の活用・定着を 目的とした 情シス担当が集まるメディア&コミュニティです。

ソフクリ365倶楽部はこちら >
関連キーワード