情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Apple Business Manager (ABM) とは?

Microsoft 365
Microsoft Intune
Apple
MDM
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
Apple Business Manager (ABM) とは?
Apple Business Manager (ABM) の特徴
Apple Business Manager にデバイスを登録するには
申し込み時に必要なもの
関連用語

どうも、株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

今回の投稿では、Apple Business Manager (ABM)について解説していきます。

Apple Business Manager

Apple Business Manager (ABM) とは?

Apple Business Manager とは、Apple デバイスのセットアップ、アプリケーションの購入と配布を組織的に管理するための仕組みです。

Apple のデバイスをセキュリティガチガチに管理したい場合には、 Apple Business Manager (ABM)の利用が必須となります。

BYOD 用途や簡易に Apple デバイスを管理できれば問題ないという話であれば、ABM の連携までは、必要ないかと思います。

Apple Business Manager (ABM) の特徴

  • Apple ID を組織的に管理できる。
  • Apple デバイスのセットアップの操作を省略できる。
  • Apple デバイスの機能をガチガチに制限できる。(Apple Store の利用禁止、アカウントの切り替え禁止、ソフトウェアアップデートの遅延等)
  • VPP の仕組みを利用して、組織で管理する無償・有償アプリを展開する。

Apple Business Manager にデバイスを登録するには

  • Apple Business Manager にデバイスを登録するには、デバイスの状況に応じて、以下の対応が必要。

①新品のデバイス:Apple か販売店にて、デバイスのシリアルナンバーを Apple Business Manager に 登録する。

②中古・利用中のデバイス : Apple Configurator 2 を利用して、デバイスをリセットして、登録する。

申し込み時に必要なもの

  • Apple Business Manager の利用を開始するには、利用申請を行う必要。
    ※申請に際しては、組織情報と D-U-N-S ナンバーの入力が必要。
  • Apple または、販売店から、販売店番号を入手する必要がある。
  • 話の判る上司と部下
    ※申請時に、情報システム部の責任者の承認操作が必要。

なお、Apple Business Manager で管理された Apple ID については、以下の機能が制限されますので、以下の機能をユーザーに自由に使わせたい(管理者で管理したくない)様な場合には、利用しない方が良いと思います。

  • App Store の利用
  • iTunes Store の利用
  • ブックストアの利用
  • HomeKit で接続されたデバイス
  • Apple Pay
  • 探す
  • iCloud メール
  • iCloud キーチェーン (ただし、キーチェーン項目は共有 iPad デバイスに保存および復元される)
  • iCloud ファミリー共有
  • Game Center

また、管理された Apple ID の利用を開始する場合の注意点として、個人の Apple ID と、管理された Apple ID では、同一 ID の利用ができないため、手作業で個人の Apple ID を別名に変更する必要が出てくる可能性があります。

関連用語

  • ADE とは?
    Automated Device Enrollment (ADE)は、以前は DEP と呼ばれた機能で、デバイスの機能を制限したり、デバイスのセットアップを省略するための機能をデバイスに追加する仕組み。
  • VPP とは?
    Volume Purchase Program (VPP)とは、Apple Business Manager と MDM 製品を連携して、自動的にデバイスにアプリを展開する仕組み。
※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら