情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Azure の Text to Speech サービスのご紹介

Azure
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
Text-to-Speechサービスとは?

どうも、株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

今の世の中、個人で、企業で独自に動画を作成して、動画公開サイト(y〇utube等)にアップロードして、人種、国籍を問わずに、世界中に見ていただくのが、当たり前に行われる世の中で、日々作成され公開される動画については、テキストを音声合成して利用しているものも多くありますね。

Microsoftは、Azureのサービスとして、合成音声の作成機能(Text-to-Speech)を提供していまして、本投稿は、そのサービスのお試しサイトの紹介になります(^^

Text-to-Speechサービスとは?

Azure Cognitive ServicesのSpeech serviceにて提供されるサービスの機能の一つで、テキストに記載した内容を音声合成として、作成できるサービスです。

Speech serviceの概要 :
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/cognitive-services/speech-service/overview

価格 :
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/cognitive-services/speech-services/

では、試してみましょう。

1.以下のWebサイトにアクセスします。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/text-to-speech/#overview

Webサイト

2.変換するテキスト欄には、既にテキストが入っているので、先ずは、「▷再生」を押して、合成音声が再生されることを確認してみましょう。

再生

3.合成音声を聞けたら、次は、テキストボックス内の文章を好みの文言に置き換え、音声をチューニングして、再度、再生してみて下さい。

チューニング

本サイトは、デモサイトなので、ファイルベースでのテキスト取り込みや音声ダウンロードができない仕組みですので、次回の投稿では、Azureでのサービスの有効化から、合成音声の変換から、ダウンロードまでご案内したいと思います(^^

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら