情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Windows Copilot を有効化するよ。(パブリック プレビュー)

AI
Windows Copilot
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
Windows Copilot を有効化するよ。

株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

Windows 11 向けに、Windows Copilot が発表され、Windows OS にも、直接的に AI が組み込まれる時代が見えてきましたね! ということで、今回は、現時点で、Windows Copilot を触る方法をご案内したいと思います。

Windows Copilot を有効化するよ。

1.対象の Windows 11 にて Insider Preview を有効化して、Windows 11 Build 23493(Devチャンネル)にアップデートします。この際、Microsoft Edge の最新化も必要となります。

What is the Windows Insider Program? (microsoft.com)

ちなみに、Windows Insider 版は、めちゃくちゃアップグレードが多いかつ、場合によっては、Windows リセットができなくなるようなことがあり得るので、普段使いとしてお勧めできないのと、ISO メディアでのクリーンインストールする覚悟で触っていただいたほうが良いです。

Insider Preview

2.マシンを再起動します。

3.再起動後、「Windows」キー +「C」キーを押すと、画面右側に「Windows Copilot」のメニューが表示されます。

メニュー

機能的には、Edge のサイドバーのままの気がしますが、ブラウザーを起動せずに、直ぐにアクセスできるのがメリットでしょうか。

Copilot

Copilot

Windows Copilot をいつから使えるのか気になる方も多いと思います。
現時点でプレビューであることから、実際に機能追加されるのは、Windows 11 23H2(10月以降)あたりになると思いますが、組織的な使い方も含めて準備を始めたほうがよさそうです。

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら