情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

OneNote で議事録を書いてみよう。

Office
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
One Note で議事録を書いてみよう。

どうも、株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋やってます。山口です。

One Note で議事録を書いてみよう。

弊社では、OneNote を各自、各グループで利用していまして、手順、FAQのページ等々利用用途は様々です。

そんな様々な用途の中で、議事録の作成も1つの活用方法になるのですが、デバイスに関わらず、どこからでも見返しできますし、過去の議事録も見やすいので、試してみてください。

議事録の作成

もちろん、Excel で議事録作成して、シートを別けるとかでも良いと思いますけど、リンクや利用ファイルの差し込みとかを含めると OneNote が使いやすいなと感じます。

利用例
開催場所 XXX会議室
参加者 長尾 聡行・山口 泰志・佐久間 大希
議事録 山口 泰志
利用資料 ミーティング資料_210729.pptx
完了・次回削除 なし
報告・相談事項 ※ 以下敬称略

1.XXXXXの導入
→ 今週月~火曜日を利用して、を実施した。(山口
  → 営業本部については、金曜日に展開予定。(山口
→ XXXXXについては? (長尾
  → 優先的に機能を利用していくよう、相談をして進めている。(山口
 
その他特記事項
・TV会議ブースの利用状況は?(長尾
 → 利用率は高い。(山口
 → 社内内製のチェックインツールでリアルタイムの状況の可視化が可能。(佐久間
 → チェックインツールのデモを佐久間にて実施。
 
※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら