情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Microsoft 365 各サービスのストレージの利用状況を確認してみる。

Microsoft 365
情報屋ヤマグチのタレコミ
この記事の内容
Microsoft 365 各サービスのストレージの利用状況を確認してみる。

株式会社ソフトクリエイト 戦略ビジネス部 で情報屋をやってます。山口です。

Microsoft では可視化(レポート)機能について、昨年あたりから、力を入れ始めていまして、Microsoft 管理センターの利用状況レポートもだいぶ様変わりしてきました。

そこで、今回は、各クラウドサービスのストレージの利用状況を確認する方法をご案内したいと思います

Microsoft 365 各サービスのストレージの利用状況を確認してみる。

■利用状況の概要ページを表示

Microsoft 365 管理センターにアクセスします。
https://admin.microsoft.com/

「レポート」→「利用状況」をクリックします。

レポート

利用状況の概要ページが表示されます。

利用状況の概要ページ

■各クラウドサービスのストレージの利用状況を確認

①Exchange Online のメールボックスの使用済みストレージのサイズ
「Exchange」→ 「メールボックスの使用状況」タブ→「ストレージ」
※"メールボックスの使用状況"のタブが表示されない場合には、「・・・」をクリックするか、Web ブラウザーの機能を利用して、Web サイトの表示倍率を変更してください。

ストレージ

②OneDrive for Business (Teams の個人チャットおよびグループチャットの利用状況)の使用済みストレージのサイズ
「OneDrive」→ 「利用状況」タブ→「ストレージ」

ストレージ

③SharePoint Online (Teams のチームのサイト、チャネルの利用状況)の使用済みストレージのサイズ
「SharePoint」→ 「サイトの利用状況」タブ→「ストレージ」

ストレージ

※ 本投稿は、弊社で運営していますソフクリ365倶楽部のTeams投稿等で案内した内容を再編したものになります。ソフクリ365倶楽部のプレミアム会員様については、倶楽部への投稿や技術情報の投稿等を閲覧、アクションすることが可能です。
関連キーワード

山口 泰志(やまぐち たいし)氏

※ 本投稿は、ソフクリ365倶楽部のTeams投稿した内容を再編したものです。 ソフクリ365倶楽部は こちら

■著者紹介■

山口 泰志(やまぐち たいし) 氏
埼玉県在住 出身: 福岡県だが、育ちは佐賀県

中小Sier、フリーランスエンジニア、大規模Sier等での経験を経て、2016年にソフトクリエイトに入社、AD、Office 365構築エンジニア、プリセールス等を経験した上で、2018年より、自らMicrosoft 365 サービスの企画、立上げ後、ソフトクリエイトホールディングス情報システム部にて、グループ全体へのMicrosoft 365 E5導入を主導。

現在、Microsoft 365を中心としたテクノロジーをソフクリ365倶楽部で発信しながら、グループ全体のMicrosoft テクノロジーにて主導的な役割を担う。

趣味は、登山、ロードバイクを中心にアクティブ。しっかり考えて、やるべきことは、直ぐにやるがmotto。

山口をもっと知りたい!方は こちら