情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

【マンガでわかる】書類のデジタル化で目指せ! 脱ハンコ出社!

ITインフラ
脱ハンコ
ワークフロー
電子契約
契約プロセス
情シス

近ごろはリモートワークが推奨されるようになり、多くの企業で在宅勤務の環境が整えられつつあります。とはいえ一部の業務がリモートで進められず、そのために出社せざるを得ない場面もあるようです。そのひとつが……ハンコ出社。ただハンコを押すためだけに、わざわざ会社に行かなければならないなんて、おかしくないでしょうか!? 営業部で働く「ひな」がそんな疑問に立ち上がります。

この記事の内容
【マンガでわかる】書類のデジタル化で目指せ! 脱ハンコ出社!
「脱ハンコ」に向けて!

【マンガでわかる】書類のデジタル化で目指せ! 脱ハンコ出社!

「脱ハンコ」に向けて!

「渋谷ひな」が課題解決に立ち向かった「脱ハンコ」ストーリーはいかがでしたか?
皆様の周りではどのような状況でしょうか?新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、今までの働き方やビジネス慣習が見直され、社内、社外問わず「書類の電子化」や「脱ハンコ」について、語られることが増えたのではないでしょうか。

昨今は書類の電子化を「する」「しない」の議論ではなく、
・会社に来なくても運用できる仕組みになっているのか?
・システムの運用が業務のボトルネックになっていないか?
といった、電子化が前提の、より具体的な課題が議論されることが多くなってきたと思います。

今回の「契約管理」と「ワークフロー」の話は、それぞれのシステムを利用している企業で実際に起きている声を取り上げたものです。お恥ずかしい話、当社も社内書類の電子化(ワークフロー化)は行われていましたが、契約管理は電子化されておらず、他社との契約締結するためには出社しなくてはならない状況でした。コロナきっかけで「契約管理システム」の導入や連携を進めているところです。

多くの企業、組織の現場で起きているこのような問題を、経営層やシステム導入チームに正しく伝えるために、ぜひこのマンガを活用いただけると嬉しいです。

脱ハンコ向けのオススメ製品紹介

脱ハンコ出社を実現するには社内の承認業務と、取引先とのやり取りを電子化し、この2つのシステムを連携させることが大切です。
マンガの中で出てきた取引先とのやり取りを電子化するための電子契約システム「GMO 電子印鑑 Agree」、社内の承認業務を電子化するためのワークフローシステム「AgileWorks」「X-point」、そして両システムを連携するサービス。 これら各製品を上手に活用して、脱ハンコ出社の実現を目指してみてはいかがでしょうか?

●電子契約システム

>>「GMO 電子印鑑 Agree」の詳細はこちら!

●ワークフローシステム

●電子契約とワークフローの連携サービス

>>「GMO 電子印鑑 Agree」「AgileWorks」連携サービスの詳細はこちら!

●「GMO 電子印鑑 Agree」「AgileWorks」連携サービスお披露目セミナー

>>「【ウェビナー】脱ハンコ実現!電子契約とワークフローを知る60分」の詳細はこちら!

「GMO 電子印鑑 Agree」「AgileWorks」連携サービスお披露目セミナー
関連キーワード
ITインフラに関するおすすめ記事
備えあれば憂いなし!不安が残るテレワーク環境を改善する10のヒント
情シス4大派閥、多数派は「ノンコア✕オンプレ」の実態とは?
社内システムの運用・保守など、情報システム部の業務と課題について
ITインフラ管理のお悩み相談Q&A
「アウトソース」の誤解を解く!情シス業務をアウトソースする企業へのメリット