03-3486-1520受付時間 9:00〜18:00(平日)

SERVICE

サービス・ソリューション

SEMINAR

イベント・セミナー

CASE

導入・活用事例

アウトソーシングで運用負荷が軽減し、生産性が向上

建物の清掃業務を主体として1959 年に創業した二幸産業。現在では、建物の総合管理次行を中心とした事業を行なっている。
100 を超える拠点がある同社では、拠点間でのファイル共有をファイルサーバで行なっている。
そのファイルサーバは、オンプレミスで運用していたが Windows Server 2003 のサポート切れに伴うリプレイスを検討していた。
従来通りのオンプレかクラウドサービスを利用するか比較・検討をはじめた。
その結果、導入したのがソフトクリエイトのクラウド型オンラインストレージサービス「ファイルサーバ on SCCloud」だ。

  • クラウド
  • SCCloud
  • ファイルサーバ on SCCloud
  • ファイルサーバ
「情報の見える化」でコミュニケーションを促進し、業務プロセスの効率化に成功

アパレル事業を軸にコスメティクス、飲食業など、複数の事業を手がけるマッシュホールディングスでは、IT を活用した
コミュニケーション基盤として、グループウェアを導入していた。
オフィス移転をきっかけに「なくてはならないコミュニケーション基盤」にするべく、グループウェアのリプレイスの検討をはじめた。
さまざまなグループウェアを比較・検討した中で同社が選択したのは、「サイボウズガルーン on SCCloud」だった。

  • クラウド
  • SCCloud
  • サイボウズガルーン on SCCloud
  • グループウェア
「個人情報を守る」安全な仕組みと効率的な運用管理の仕組みを構築

「食・健康」業界に特化した「人材サービス」を軸とした事業を行なっているRDサポート。「食・健康業界の発展に貢献し、社会の健康長寿推進とQOL向上を実現できる会社を創る」というビジョンのもと、事業を行なっているという。
人材派遣業を展開する同社では、個人情報の安全な取り扱いを社会に対してアピールできる”プライバシーマーク”を2010年に取得し、今も継続して更新している。このプライバシーマークの更新に伴い、アクセスログを取る仕組みが必要になった。情報収集を進め、様々な製品・サービスを比較する中で、同社が選択したのは、「LanScope Cat on SCCloud」だった。

  • クラウド
  • SCCloud
  • LanScope Cat on SCCloud
  • IT資産管理
セキュリティが高く、運用工数も掛からないグループ企業全体の情報共有基盤を構築

ロイヤルマネジメントは、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」や天丼・天ぷら専門店「天丼てんや」をはじめとするロイヤルグループ各社の間接業務を請け負っている。ロイヤルグループのICTインフラの構築・運用も請け負っており、これまでもファイルの共有を行うファイルサーバを構築・運用してきた。今回、ファイルサーバの老朽化にともない、その更改を検討。運用・管理や情報漏えいリスクを軽減できるファイルサーバとして、同社が選択したのはソフトクリエイトの「ファイルサーバ on SCCloud」だった。

  • クラウド
  • SCCloud
  • ファイルサーバ on SCCloud
  • ストレージ
クリーンエネルギーの会社にふさわしい、環境に優しいファイル共有システムを実現

風力エネルギー資源の開発を目的に、1999年に設立された日本風力開発。風力発電所の適地探索から、建設、発電までかかわる。同社では3年半ほど前から、ファイルサーバの容量がほぼ上限に達しつつあった。そのたびに不要なファイルの削除、外付けのHDDに退避させるなどして、対応してきた。ファイルサーバの更改の時期が目前に迫り、従来通り物理サーバを導入するか、クラウドサービスを利用するかを検討した。その結果、同社が選択したのが、ソフトクリエイトのクラウド型オンラインストレージサービス「ファイルサーバ on SCCloud」だった。

  • クラウド
  • SCCloud
  • ファイルサーバ on SCCloud
  • ストレージ
不正PCの無断接続を完全排除し、セキュリティレベルの大幅向上を実現

80年を超す歴史を持つ独立系の道路舗装会社、東亜道路工業。同社は建設業に加え、道路舗装に不可欠なアスファルト乳剤を提供する化学メーカーとしての顔を持つ。国内に133カ所もの事業所がある同社では、社内ネットワークに接続される端末の管理に苦労していた。その問題を簡単かつ低コストで解決する手段はないか。そこで同社が選択したのが、ソフトクリエイトの不正端末検知システム「L2Blocker」だった。

  • セキュリティ
  • L2Blocker
  • 不正端末検知
導入・管理が容易な端末管理でアミューズのいち早い海外事業展開を支援

包括的なエンターテインメント事業を営むアミューズは、業界に先駆けて海外でも事業を展開してきた。だが、そこで課題となったのが、海外拠点で利用される端末の管理だ。簡単に導入でき、極力簡単に運用できる手段はないものかーー そこで同社が選択したのが、ソフトクリエイトの不正端末検知システム「L2Blocker」だった。

  • セキュリティ
  • L2Blocker
  • 不正端末検知
安全を確保しながら社員と芸人・作家のコラボレーションを後押し

日本を代表するエンターテイメント企業、吉本興業。その舞台は社員だけでなく、多くの作家や芸人といった外部のスタッフが協力して作り上げているが、情報システム部門にとってはこうした「業務委託先」が持ち込むデバイスを従業員用ネットワークと分けて管理し、許可されていない端末の接続を防ぐことが必須の課題だ。この仕組みを実現しているのがソフトクリエイトの不正端末検知システム「L2Blocker」だ。

  • セキュリティ
  • L2Blocker
  • 不正端末検知