SOFT CREATE

RPAで学んだ操作を、自動で実行。定型業務を効率化する。

情シスから「RPA」で
働き方を変える

RPAは、業務の効率化を実現できるツールです。
どこの部門のどんな業務にRPAが利用できるか。
情シス発信で、業務の効率化を実現して、働き方を変えませんか?

WinActorとは?

WinActorは2010年にNTT研究所で産まれた、
国内シェアNo1純国産RPAソリューションです。
Excel、ブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能な、
あらゆるアプリーケーションの操作をシナリオとして学習し、
PC操作を自動化するソフトウェア型のロボットです。

RPA(Robotic Process Automation)で
解決する課題

「RPA」は、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも言い換えられ、人間の知能をコンピューター上で再現しようとするAI や、AI が反復によって学ぶ「機械学習」といった技術を用いて、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ソフトウェアはおろか、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理します。

社内業務から、
アウトソーシング、
システム間のデータ連携まで、
あらゆるシーンで活躍できます!

お気軽に担当営業まで
ご相談ください

導入メリット

解決事例

お気軽に担当営業まで
ご相談ください

RPAとワークフローは
抜群の相性

WinActor SOFT CREATE

ワークフローで
決裁が完了したデータを利用
して、
登録作業確認作業
業務効率アップを実現します。

WinActorが
選ばれる理由

  • 01

    あらゆるアプリケーション
    (ERP、Notes)を自動化可能

    ソースコード解析×画像マッチング
  • 02

    ユーザ部門でも
    シナリオ作成可能

    直感的に操作可能なGUI×完全日本語対応
  • 03

    スモールスタートし易く、
    大規模利用にも移行し易い

    PC1台でも動作×シナリオ作成も短時間

導入実績 3,000社を突破!

WinActor® on SCCloud

お気軽に担当営業まで
ご相談ください

WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。