情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

Teamsで生産性アップ【その1】…営業活用・オンライン商談活用編

Microsoft Teams
会員限定記事
営業生産性向上

この記事でわかること

  • ソフトクリエイトがなぜ、Teams を営業に役立てているのか。
  • オンライン商談の準備、商談中、商談後それぞれの Teams 活用のポイント。

ソフトクリエイトでは、Microsoft Teams は営業の業務改善や生産性向上に効果的と考え、積極的に取り入れています。トライ&エラーを繰り返してきた中で、定着した利用法やおすすめの活用例などを紹介します。

はじめに…営業へのTeams活用の考え方

ソフトクリエイトでは、Teams を営業が積極的に活用しています。ではなぜ、Teams なのか?…もちろん、すでに Microsoft 365 を利用しているので、ソフトクリエイトでは全社的にインストールされ利用できるツールということもあります。事実、Teams は、使いはじめた頃は社内向けツールでした。しかし徐々に社内への Teams の理解が広まるにつれ、社外にも波及してきたのが実態です。その結果、営業にも活用が広がってきました。

ほかにも、Zoom、Whereby、Google Meetなど多様なツールとの比較検証を行いましたが、提案に欠かせない Microsoft Office アプリとの親和性の高さ、顧客との共有しやすさ、Teams は社内で普段から使い慣れていることなども理由として挙げられます。

また、テレワークによる遠隔勤務の常態化、オンライン営業への抵抗が減っていったことなどの追い風が吹いたこととともに、その利便性の理解が営業に広がったことが考えられます。ここでは、変化が激しい時代の中で、手探りで営業への Teams 活用を模索してきた経緯や活用例をご紹介します。

記事の続きを読む

記事の続きを読む場合、ソフクリ365倶楽部へのログイン/会員登録(無償)が必要となります。
「続きを読む」をクリックするとログイン画面が表示されます。

はじめてご利用される方マイクロソフトアカウントまたはグーグルアカウントでログインできます。
必要事項をご入力上、会員登録をお願いいたします。

ソフクリ365倶楽部とは Microsoft 365 / Microsoft Azure の活用・定着を 目的とした 情シス担当が集まるメディア&コミュニティです。

ソフクリ365倶楽部はこちら >
関連キーワード