情シスが抱えるITインフラやネットワーク、セキュリティの悩みを解決するメディアサイト情シスが抱える悩みを解決するメディアサイト

パロアルト次世代ファイアウォールの“同盟”相手とは?

ブログ
情報セキュリティ
戦国ブログ
この記事の内容
一、歴史的快挙につながった日英同盟
二、入口対策・内部対策製品の歴史的な同盟!

一、歴史的快挙につながった日英同盟

今から100年以上前の西暦1902年(明治35年)。日本は日清戦争(1894年)に勝利し中国大陸への影響力は強まったものの、当時の世界一の大国ロシア帝国の脅威は増していました。ロシアとフランスは露仏同盟を締結。日本はロシアと開戦すると、フランスも同時に敵に回すことになります。一方、イギリスはドイツやロシアに備える必要がありました。そこでイギリスは、ロシアと対立が深まる日本と手を結ぶことに。この時イギリスは19世紀依頼の非同盟政策「栄光ある孤立」を捨てて日英同盟(第一回日英同盟協約)を結んだのでした。この同盟が、後日、日露戦争でのバルチック艦隊との日本海海戦につながったとも言えます。効果的な同盟は歴史の転換点となる…という一例です。

二、入口対策・内部対策製品の歴史的な同盟!

一方、時は流れて2019年の日本。いま、企業の周辺を見渡すと、乱世時代もさながら、巧妙化、狡猾化しているサイバー攻撃者が虎視眈々と企業を狙っています。サイバー攻撃者の中には、いわゆる「標的型攻撃」で企業の弱点を巧みに狙い、メールに同封したマルウェアなどでサイバー攻撃を仕掛けてくる場合があります。もはや自社ネットワークへの侵入を100%防御し続けることは難しく、送り込まれてくるマルウェアに「どのように対処するべき準備しておくこと」が求められています。

このような状況のサイバー攻撃への対策ソリューションとして、パロアルトネットワークス社の「次世代ファイアウォール」と、ソフトクリエイトの L2Blocker が連携を開始しました。

なぜ、この2つの製品が連携したのかを考えてみましょう。まず、マルウェア感染経路、活動プロセスを「次世代ファイアウォール」が検知し、その情報は L2Blocker に伝達されます。マルウェア情報を取得した L2Blocker は、社内ネットワーク内のマルウェア感染が疑われる PC を自動的にネットワークから遮断します。感染段階で遮断するため、PC がマルウェアに感染したとしても被害を最小化することができます。またアプライアンス製品同士が連携することによって、例え情報システム担当者が不在でも、24時間365日インシデント発生に対して自動で初動対処が可能になるのです。手前味噌ですが、これもまた優れた“同盟”だと思いませんか?

連携イメージ

■プロフィール■

植松 卓
株式会社ソフトクリエイト

大学卒業後、ソフトクリエイトに入社、エンドユーザー様へ IT 関連提案を行う営業職を経て、現在自社セキュリティ製品の開発保守、販売部門を担当。趣味は日本の歴史を背景とした史跡を巡り、当時に思いを馳せること。興味が強い時代は戦国(室町〜安土桃山)、幕末(江戸後期〜明治初期)。これらの時代は歴史に影響を与える様々な志を持った偉人達がとにかく多い。意外なところでの接点やその後展開など激動な時代が故に複雑に絡み合う因果関係。短期間に凝縮された密度に魅了されます。けっして幕末における佐幕派(江戸幕府をたすけたい派)ということではありませんが、京都守護職となった会津宰相(会津藩主:松平容保)、壬生狼こと新選組の生き様に心惹かれて特に京都、会津は定期的に訪問しております。

★★★「武将うえまつ君ボールペン」をプレゼント★★★

武将うえまつ君ボールペン

ブログのご感想をメール(宛先:rescue@softcreate.co.jp)でお送りください。
感想をお送りいただいた方に「武将うえまつ君ボールペン」を差し上げます。
ぜひ、ご感想をお送りください。お待ちしております★

関連キーワード
ITインフラに関するおすすめ記事
真田信之の“24時間365日”監視システム?
そのデータ重要ですか?
最近流行の『Emotet』について。私達のセキュリティ対策が今、試されてます。
“便利屋” から脱却したい情シスの皆さんへ
「情シスショールーム」へようこそ!
おぐねた :昔なつかしパソコンとーーーく 〜 PC98編(第2弾)
おぐねた :昔なつかしパソコンとーーーく 〜 PC98編(第1弾)
おぐねた :昔なつかしパソコンとーーーく 〜 フロッピーディスク編
おぐねた :昔なつかしパソコンとーーーく 〜 MO ドライブ編
おぐねた :プロ野球とインターネット